スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久宝寺中学校で「出張授業」

7月9日、八尾市立久宝寺中学校で、地域の高校などから講師を招く
「出張授業」が開かれました。
授業内容はニッポンバラタナゴの生態、爆発実験、n進法など、
さまざまです。
そのうちの一つ、製造業についての授業では、布施工科高校の
安村校長先生と、金属微細加工を手がけるMPC(八尾市)の森岡社長
が講師を務めました。

久宝寺中学校の「出張授業」

生徒たちは製造業について、「しんどそう」、「肩がこりそう」と
感じているようでしたが、講師の先生方は「八尾、東大阪の技術は
世界最高!」とか、「しんどくない仕事はない。でも技術を積めば
人から信頼してもらえる」と、モノづくりの魅力を熱く語りました。

安村校長によると、この授業を始めてから、高校の入学志願者が
若干増加したそうです。この積み重ねが、地域の製造業の後継者
不足問題にきっと貢献すると、考えておられるそうです。

MPCの森岡社長は中学生が対象と聞いて、「いちばんきかない頃」と
思っておられたそうです。しかし、授業では生徒からの質問もあり、
「予想外だった」と話しておられました。

いつも接している先生以外の授業は生徒にとっても新鮮だったのでは
ないでしょうか。ほかの中学校でも是非取り組んで欲しいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。